Pocket
LINEで送る

体のお仕事をしていると、動ける体を維持するためのエクササイズが必須です。

フィットネスクラブで汗を流すことをやっていた時代もありましたが、もっぱら最近のエクササイズは「農作業」です。

 冬に作ったチンゲンサイ

ニワトリにエサをあげたり
(重いコンテナをデコボコあぜ道をえっちらおっちら運びます)
エサのための草を刈ったり
(エサのための草をたくさんいれたコンテナ大、これまた何往復も軽トラまで運びます)
夏野菜の苗を植えたり
(土を耕して、穴掘って、水撒いて、肥料入れて、苗入れて、土かぶせて、また水を撒く。水が重いんです。これまた!)
クワの使い方ひとつ、たっぷりの水の入ったじょうごの運び方ひとつ、一歩間違えば腰に来ます。

そこを、インナーマッスル(体幹の根っこの部分)からのコア(体幹全体)使いで、腰やヒザへの負担を分散させて動きます。

重いものを持つその瞬間に、ココ!とスイッチを入れることでらくらくの体使いができます。

草や土、イキモノに触れる農作業は趣味と実益を兼ねて大好きなので、体幹の知識があって本当に良かったなと思います。

実は私事ですが、今年50歳になります。

雑巾がけは20歳年下のママにも負けません。アパートは3階で階段ですが、駆け足で上っても息が切れることはありません。
多少の肉体労働は男性陣に混じって、エクササイズと楽しめるだけのパワフルさを持ち合わせています。

よく言われるのが「トレーナーさんだから毎日運動してるからでしょう?普通の人とは違うよね」です。

実は・・・正直なところ、毎日それほど運動していません。(きっぱり)歩く歩数も、一般女性の平均歩数7000歩行くでしょうか?というくらいの車社会です。
それでも、それだけ「パワフル」でいられるのは、体の使い方を知っているからです。

特に足の裏の使い方と、体幹の使い方、重い物を持つときのわきの使い方、そして全体の連動・・・。そこだけでも習得しておくと、かなり体は「楽に&パワフルに」使えます。

10も年下のママさんたちが、
「年のせいでヒザが痛いのよね」
「腰がもたなくって、大変。もう年だからね。」
「痛み止めの薬を飲んでるの、年だからもうダメかな。」
そんな世間話をしています。
年のせい??ではなく、体の使い方を知らないだけなんですよね。
(でも、カンタンにはその場で説明できないから、身をもって年が原因じゃないことを表現するんですけどね・・汗)

体の使い方は、私のように後々大人になって習得することもできます。けれども、これを子どもの頃に身に着けているととても楽チンな人生になります。

実は姿勢や、体を動かす習慣で「メンタル(精神状態)」にも差がついてくるんですよね。ウツや自律神経にも影響を与えてしまいます。怖いです。

体は動かしてナンボです。

動くのが苦手な方、きつい方、すぐに疲れる方は、ちゃんとしたからだの使い方動作のやり方がありますので、個人レッスンにおいでください。

疲れにくい体をレクチャー致します。
ですので親子で個人レッスンを受けて欲しいですね。
子どものためにも元気はつらつの保護者であってください♪

いくつからでも大丈夫です。私が保証します。

****

ブログの更新や、イベントの開催などをline@でお送りしています。
少しづつ体のことを学びたい方
自分の体をコントロールできるようにしたい方
体から脳機能を育てたい方
などなどにぜひ本気でオススメです。

登録はこちらから!

「こどもと姿勢」line@  クリックして登録できます!
友だち追加