Pocket
LINEで送る

子どもの姿勢の悪さ「猫背」は、本当に気になりますよね。

そして、その猫背を気にする前のもっともっと大事なことを今日はお伝えします。

前回書いた、「こどもが発達障害と勘違いされる!?」の続きです。

「鉄」は生命維持に必須

前回の記事にも書きましたが、人間の体には鉄分が必要です。
私たちの生命活動には鉄は無くてはならない存在だそうです。

難しい話はよくわかりませんが、「鉄」は安定した状態で電子のやりとりができる便利な元素なのだそうです。

酸素を細胞に運んで、二酸化炭素を運び出すのも鉄がこの電子のやり取りを安定してできるからこそ成り立っているのです。

 

そもそも地球は鉄でできている


地球の重さの30%は鉄でできているそうです。なので地球は鉄の惑星と言ってもいいくらいだとか・・・。

スゴイデスネ・・

有害な宇宙放射線が地上の私たちに届かないのも、地球がもっている磁場(磁石のもつ力。地球の内部に大量の鉄があることで地球が大きな磁石となる)のおかげだそうです。

私たちの体はそもそも「地球」から出来ているのですから、体に「鉄」が必要なのはいわば当たり前なんですね。

地球上の最初の生物は、海水中に溶けた鉄イオンというものを利用してエネルギーを得ることで誕生してきたそうです。

海水の中に長いこといた私たちの先祖は、陸に上がるときに、体の中に「海」を持ち運ぶようになって、それが血液なんだそうです。

「海」と私たちは切っても切れない関係なのですね・・・
(・・・というのはこの本の受け売りです!面白いですよ!)



動画「宇宙は鉄を作るために存在している」

これまた面白い動画で、広島大学の先生である、日本のインディジョーンズと命名された、長沼毅先生の動画。

その名も「宇宙は鉄を作るために存在してる」って、そんな面白すぎる。
12分程度の動画ですが、お急ぎの方は7分くらいから見るとそのお話が満載の部分となります♪



日本人の大半の女性が鉄不足だそうです。
そして、1回の出産により鉄の保有値(フェリチン値という)が半分にも減ってしまうそうです。

お母さんが鉄分不足な状態で生まれた子どもは、鉄分という材料が不足の状態で育まれて生まれてくることになります。

昨今の発達障害グレーゾーンの子どもが多いといわれるのにはそういった社会環境があるのかもしれません。

そして、子どもが「猫背」に見えるのも、ただ体に力が入らない貧血状態なのかもしれませんね。

つまり、鉄が足りないだけ。
・・・であるならば、まずは「鉄」をとってみるのも手ですよね。

詳しくはこちらで。


****

ブログの更新や、イベントの開催などをline@でお送りしています。
少しづつ体のことを学びたい方
自分の体をコントロールできるようにしたい方
体から脳機能を育てたい方
などなどにぜひ本気でオススメです。

登録はこちらから!

「こどもと姿勢」line@  クリックして登録できます!